子供の医療保険について

医療現場での子供たちのケア

子供は病院に行くのを嫌がる。私もそうだった。あの独特な消毒液のにおい、暗い雰囲気の待合室。電気がこうこうとついていても、大きな窓があってもなぜか暗い雰囲気に思えたのは病人たちが暗い顔で待っていたからだ

子供が喜んで行く医療施設

私の子供は現在5歳で怪我が絶えないわんぱく坊主なのですが、病気は風邪ぐらいでほとんど無いので、定期的にお世話になる医療施設というのは小児科ぐらいでしょうか。その小児科は、待合スペースに子供が喜ぶおもち

私の子供は現在5歳で怪我が絶えないわんぱく坊主なのですが、病気は風邪ぐらいでほとんど無いので、定期的にお世話になる医療施設というのは小児科ぐらいでしょうか。その小児科は、待合スペースに子供が喜ぶおもち

不安がつのる子供を取り巻く医療環境

2010年、改正された臓器移植法が全面施行されました。脳死下の臓器提供条件を大幅に緩和した内容です。特に15歳未満の臓器提供を認める点は大きな話題となり、いまだ倫理的及び道徳的観点からもその賛否が分か

子供に纏わる医療など

この国で暮らす私たちは、出生から死にいたるまでの間にいくつかの医療を受ける機会に合う。生まれてすぐから医療との連携をとっている子供達は、大人になるまでにどれほどの医療と関わりあっているか考えてみた。ま

子供に対する医療制度について

自分に子供が出来るまではほとんど病院に行くことはありませんでした。でも、妊娠した時から病院へ行くことがかなり多くなり、医療制度についても色々知ることができました。子供を出産してからは定期的に健診があり

子供の医療保険について

長男が19歳になり、いよいよ子供保険から卒業する時期が近くなってきました。今まで、コープさんのこども共済に加入していました。毎月の掛け金は1,000円でケガの通院でも、1日2,000円が支給されます。大手の医療保険みたいに、診断書をもらう必要もなく、レシートだけで請求できるのでとても便利です。子供が小さい時は、バスケットボールをしていたので、ケガや捻挫もするので、本当に助かりました。我が家は子供が2人いるので、小さい時は特に冬はすぐに熱が出たり、インフルエンザにもなったり、また下の娘はアレルギー体質で医療費がかさみました。漢方治療をしてくれる医療機関を調べて通院したり、色々な人の評判や勧めで様々な医療機関を受診しました。しかし、結局漢方治療も続きませんでした。子供は頑張って飲んでいましたが、効果が出る前に転居して通わなくなったからです。現在は高校生になり、アトピー体質は手や鼻に来ています。夏でも、手荒れがひどく、バンドペイドが欠かせません。アレルギー鼻炎は急にひどくなり、現在は月2回、近所の耳鼻科に通院しています。朝、晩に薬を飲むと症状がやわらぐようです。でも、本人はいつまで飲まないといけないのかが不安になっています。私も、アレルギー性鼻炎が薬で治るのではなく、根本的に薬に頼らなくても治ることが出来ないのかと考えています。ちなみに現在の子供の医療費は毎月5,000円(娘の耳鼻科通院代)が平均です。この治療費は子供保険で補填ができないのが残念です。アトピーの為の医療保険が出来ればいいなと思います。

子供の医療費助成制度について

子供と医療について考えてみようと思います。子供の育児・子育てには思わぬ費用がかかることがあります。乳幼児は母乳による免疫が切れる半後半年目くらいから通過儀礼のように病気が続きます。また、幼児は思わぬケガをしたりと、病院への通院の機会も多く、医療費もバカになりません。とくに、病気、治療、手術と言った事になれば高額医療を請求される事はごく自然と考えたほうがいいでしょう。それに対して市区町村が独自の子育て支援策として設けているのが、乳幼児の医療費助成制度なのです。この制度は、一定年齢までの乳幼児の医療費を補助してくれるもので、市区町村によって、対象となる年齢や、助成の内容、助成の仕方などが異なります。公的な健康保険に加入していることによって、病気やケガで治療などを受けた時には医療機関で医療費を全額払う必要はなく、小学校就学前であれば自己負担割合は2割、小学校就学から70歳未満であれば3割となっています。子どもの医療費助成とは、子育てを支援する目的で、その自己負担分(2割または3割)も全額または一部を助成してくれる制度のことです。乳幼児や子供向け医療費助成の名称は市によって異なりますが、ここでは「子どもの医療費助成」として統一しています。必ず自分の住んでいる自治体ではどうか、確認してみたほうがよいでしょう。医療費助成は子育て支援の大きな柱であり、子育て世代にとっては、経済的負担をあまり気にせずに病院へ行けるのは、とてもありがたいものです。
シカエルのメンタルケアで資格の勉強をして、医療制度についてより詳しくなることも、良いかもしれません。